水道修理について

水道修理について 水回りは、他の場所と比較してトラブルが起こりやすい場所でもあります。良い状態を長く保つためにできる対策方法として、こまめに拭き掃除などを行い劣化を抑えるのがおすすめです。しかし、蛇口や排水管に原因があって水漏れが起こっている場合は、こうした方法だけでは対処することができません。まずは、どこから水が漏れているのかチェックをすることが必要です。一目でそれが分かるような場合であれば、すぐに対処してください。対処が難しい場合は、止水栓や元栓などを締めて水を使うのを一時的に止め、様子を見てみましょう。水道メーターを見た時に動いている場合は、給水管に問題があると考えられます。水道メーターが動いていない時は、排水管に問題があります。

■排水管と給水管の修理について

水道 修理が必要となる場合として、排水管のトラブルも多数あります。トイレの排水管が詰まった時は、トイレを取り外して修理することが必要になる場合も考えられます。音に異変が生じる場合も多いので、注意してみてください。便器の方に詰まりがある場合は、ラバーカップなどを試してみるのも良いでしょう。
また、給水管の接続部から水漏れが見られることもあります。この場合は、ナットがゆるんでいることもありますし、パッキンが劣化したためにトラブルが起こっている場合もあります。ナットのゆるみが原因の場合は、閉めなおすことで対処することができます。パッキンの劣化は、新しいパッキンと交換することで解決します。作業するときは、水を止めてから行うようにしましょう。

■バスルームの排水溝トラブルや水漏れを発見したら
バスルームの浴槽や洗い場の排水溝は、髪の毛や石鹸などが詰まって、うまく流れなくなることもあります。この場合は、掃除をしたり詰まりを取り除いたりすることで対応することができます。少しの詰まりであれば、熱めのお湯を一気に流すことで解決できることもあります。また、市販の専用のクリーナーを試してみるのも良いでしょう。それでもダメな時は、専門家に相談してみるのがおすすめです。
水漏れを発見したら、まずはどこから水が漏れているのかを確認してみましょう。水漏れがわずかであれば、専用のテープなどを使って応急処置を行うことができます。テープを使うときは、使う場所を丁寧に拭いてから巻くようにするとしっかりと巻くことができます。しかし、この方法はあくまでも応急処置となるため、修理業者への依頼をおすすめします。大量に水が漏れている場合は、家の止水栓を閉めてとりあえず不要な水が流れないようにするのも良いでしょう。そして、早めに修理するように意識しておくことが大切です。

■信頼できる業者を探そう

水道 修理をお願いしたい場合は、まずは見積もりを取るようにしてください。そして、見積もりに同意してから作業を行ってくれるところを選ぶようにしましょう。中には無休で対応してくれるところもあるので便利です。また、費用は確かに気になるところですが、安いことだけに注目をせずに、信頼できるところを選ぶことが大切です。実績のあるところを選びましょう。



■まとめ
水道のトラブルはたくさんあります。給水管と排水管のどちらに問題があるのか分からない時は、水道の使用を一度ストップして、メーターをチェックすると分かります。メーターが動いていれば、給水管の方に問題があると考えられます。水漏れを発見したら、それが少しであれば、専用のテープなどで対応することができます。その後、早めに専門家に相談すると良いでしょう。
水漏れがひどいときは、家の止水栓を止めてしまえば、不要な水を流すことがありません。お風呂の排水溝の流れが悪い時は、掃除をしたりパイプクリーナーなどを使ってみたりするのも良いですし、お湯を一気に流して対処することもできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース