給湯器の故障と水道修理

給湯器が使えなくなると、とたんに生活は不便になります。給湯器のトラブルでよくあるのが、水漏れです。水漏れが起こると、給湯器が使えないという問題だけではなく、場合によっては不完全燃焼を起こしてしまうこともあり危険です。そのため、日ごろから注意しておき、おかしいと思ったら早めに対応することが必要です。

■耐久年数について

給湯器は、使用頻度などによっても異なりますが、だいたい10年が耐久年数だと言われています。もちろん、これよりも長く使えることもありますが、より短い期間になる場合もあります。使い始めて7年以上経った後に修理が必要になった時は、修理内容や費用を確認しながら、買い替えも合わせて検討するのがおすすめです。場合によっては、給湯器 修理よりも交換した方が良いこともあります。



■どんな時にトラブルが起こりやすいか
気温がかなり下がる場所で使用している場合、長く使っていない時に凍ってしまうことがあります。これが原因で、部品に問題が起こり水漏れが起こることもあります。また、長く使用してきたものであれば、部品などの劣化が原因でトラブルが起こることがあります。他に、工事業者の手違いなどでトラブルが起こることもあります。

■水道修理が必要なことも

給湯器へつながる水道管から水が漏れるトラブルが起こることもあります。水道管には、塩ビ管や銅管などがありますが、多くの場合修理することができます。どのような修理になるのかは、ケースバイケースですが、早めに対応することが必要です。






■まとめ
給湯器の水漏れは、不便なことはもちろん、場合によってはその他のトラブルを引き起こすこともあります。そのため、トラブルに気が付いたときは、早めに専門家に相談することが必要です。場合によっては、水道修理が必要になることもあります。色々なタイプの水道管がありますが、多くの場合は対応可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ