水道 修理が必要になる場合

水回りでトラブルがあれば水道 修理が必要になることもあります。その場合、まずは専用のテープなどで水漏れ対策をすることができます。ただし、これはあくまでも応急処置であるため、早めに専門家に正しい対応をしてもらうことが大切です。

■どんな時に水漏れを疑ったらよいか

明らかに水が漏れている時は、原因がすぐに分かるので、的確な対応をすることができます。問題は、どこから漏れているのか分かりにくい場合です。普通の生活に何ら問題がない場合であっても、少しずつ水が漏れていることもあります。今までなかったところに小さな水たまりがあったり、以前よりもカビが生えやすくなったりするときは注意が必要です。




■壁にも注意
水漏れが起こると、床はもちろんですが、壁にシミができることもあります。そのため、被害を拡大させないためにも早めに対応することが一番大事です。早めに気づいて正しい対応をすることで、被害を最小限に抑えることができます。

■自分でできる応急処置について

排水管の水漏れを見つけた時はなるべく早く専門家に見てもらい、修理してもらうことが必要ですが、場合によってはそれが難しいこともあるかもしれません。この場合は、専用のテープを使って応急処置をしましょう。専用テープにはいくつかの種類があるので、使いやすいものを選んでください。テープを使用するときは、予め水漏れが発生している部分を可能な限り綺麗な状態にしてから使うのがコツです。その上から保護テープなどを使えば、さらにしっかりと固定することができます。





■まとめ
一目で水漏れが分かる場合は、すぐに対処することもできます。しかし、すぐにそれに気が付けないこともあります。床に水たまりがあったり、カビやシミができているときは、水漏れを疑った方が良いかもしれません。また、床だけでなく壁に異変が起こることもあるので、水道のトラブルで困っているときは専門家に相談してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ